脳内ワンダーランド

北の大地から皆さんの脳みそへ!皆さんの脳みそをワクワクさせるようなブログを目指します。

【人狼ジャッジメント】初心者必見!基本村での役職ごとの立ち回り【人狼J】

今回はこれから「人狼ジャッジメント」を始める初心者の人にも

分かりやすいように、基本的な村の形やその基本的な村の中では

役職持ちがどのような動きをするのかを紹介します。

 

f:id:dabesa06:20180504152045p:plain

 

 

基本的な村とは

 

「人狼ジャッジメント」における基本的な村の形とは、

市民3人占い師1人霊媒師1人狩人1人人狼2人狂人1人

の状態です。

 

人狼ジャッジメントの掲示板画面ではこの村の形はほとんどかと思います。

初心者村など言われることも多いですが、

まずはこの形でのゲームに慣れていきましょう。

 

 

市民陣営

 

市民陣営は人狼を全滅させると勝利になります。

人狼の人を当てて、勝利に導きましょう。

 

市民

 

 

市民は無力ではありますが、その分発言はどんどんできます。

自分が噛まれても重要な役職ではないので、ダメージは大きくありません。

 

初日は占いによって、「片白」になるかもしれませんが、占いが2人出た場合は自分を占ったのが「狂人」でもあるかもしれないので、注意しましょう。

 

 初日「グレー」の場合はしっかりと喋っていきましょう。「寡黙」だと吊られる可能性が高いです。自分はこう見ているという理由もしっかりと話していきましょう。

 

グレーの数によっては初日「回避or貫通」は変わってきます。貫通の場合は何も言わずに吊られましょう。

 

回避の場合で、仮指定を受けた場合はしっかりと考察等を落としましょう。

 

市民で重要なのは自分の観点を持つということです。誰が占い師で誰が狂人であるかを自分なりに検討を立てて、発言していきましょう。

 

考えが変わることは問題ないので、自分の意見に自信を持って発言していくようにしましょう。

 

占い師

 

 毎晩、一人を指定して「人狼or人狼じゃない」がわかる役職です。

 

基本的には「初日はランダム白」というルールのもとで進むため、

初日に占う相手を決められません。

 

2日目の占う相手を選ぶ際ですが、初日の動きを参考にしなければいけません。

まず、初日のグレーの数をしっかり把握するようにしましょう。

 

できるだけグレーの中から選択するようにして市民陣営の選択肢を絞ってあげることが大事です。

 

初日の夜に人狼によって自分が噛まれてしまう可能性があるので、

その場合はもうドンマイとしか言いようがありません。

 

初日の夜に人狼に噛まれないで生き残った場合は、

2日目に占った人を発表するとともに 理由も話しましょう。

ここら辺で自分目線で人狼候補がある程度絞られてくると思います。

 

狂人が占った「片白」ですが、人狼である可能性もあります。

この狂人が出した「片白」を占うのもありでしょう。

 

しかしこれを行うのは、

タイミングを選ばないと「それ意味ない」と言われてしまいます。

 

 2日目の夜で人狼を当てれないと、なかなか厳しい状況にもなってしまいます。

それ以降は自分の勘です。 

 

霊媒師

 

 霊媒師は基本的に進行役を任されることも多いです。

そのため、序盤のグレーを選ぶセンスが問われることが多いです。

 

 

まず、初日は占い師の状況を把握しましょう。

2人出てきた場合は、真偽がわからない状況なので、

グレーから初日吊る相手を選択しましょう

 

その際に「回避or貫通」を選択しなければいけません。

グレーの数によってこの選択は変わってきます。

 

 

 グレーの数が4人なら「回避で仮指定する」という人が多いです。

 5,6人に関しては「貫通」が多いです。

 

これに関しては、人それぞれですが、決定権は霊能にあるので、

自分がやりやすい方法を選びましょう。

 

霊能は基本的に狩人が守ってくれるため、初日の夜は生き残ることが多いです。

2日目からもガンガン考察していきましょう。

 

狩人

 

 毎晩誰か一人を人狼の襲撃から守る事ができる役職です。

 

狩人の仕事は指定された人を守るというのが仕事ですが、

序盤に殺されてしまっては意味がありません。

 

しかし、表沙汰になってしまうと

もちろん人狼に殺されてしまいます。

 

上手く立ち回りながら狙われないようにしましょう。

周りの人が狙われた際には素直に同意をして、

自分が殺されそうになったときは反論しましょう。

 

一番ダメなのは、人狼陣営に「狩人」を乗っ取られることです。

人狼陣営が「狩人CO」を行って、身の安全を守ることもあります。

 

それは絶対防ぎましょう。

自分が生きているのであればCOを行って、

自分が本当の狩人であることを主張しましょう。

 

人狼陣営

 

 人狼陣営は「人狼の数=市民陣営の数」になれば勝ちです。

逆に人狼の数が0になってしまうと負けとなってしまいます。

 

 

人狼

 

毎晩、誰か一人を指定して殺害することができます。

人狼同士は裏のチャットで会話することができるため、

話し合って殺害する人を決めることができます。

 

人狼同士はいかにして、占い師の占いをかいくぐるのか、

が重要です。

 

基本的に怪しまれる原因は

  • あまりしゃべらない
  • 誰か一人にこだわって吊ろうとする
  • 自分の考えを説明できない
  • 占いの結果から
  • キャラの設定で吊られる(ひどい!)

 

かと思います。

 

できるだけこれらを避けてゲームを勧めましょう。

 

ゲームの状況と自分の言い分がマッチしていれば、

怪しまれるのを回避できる可能性もあります。

 

 

狂人

 

 おそらく、このメンツでゲームを行う際に

一番難しいのは狂人かと思います。

 

立ち回り次第では逆に人狼の首を絞めてしまうことになるので、

注意しなければいけません。

 

まず、初ターンに「占い師CO」をしなければ

あまり役目もなく、ニートになってしまいます。

 

そのため、初ターンは必ずCOするようにしましょう。

 

次に最初の占いを発表する際には必ず白出ししましょう!

ルールで初回の占いが「ランダム白」である場合に黒出ししてしまうと、

速攻で「狂人」だとバレてしまい、ただの役立たずになってしまいます。

 

2回目の占いから攻めるようにしていきましょう。

市民に黒出しをして攻めるという方法もありますが、

あまりオススメしません。

 

あくまで狂人は市民が誰なのか分かっていません。

もし、黒を宣言した人が「人狼」だったら、、、わかりますね?

 

狂人はまず「本物の占い師」を消す動きをしましょう。

これができれば人狼側のペースに持っていくことができます。

 

ここまで出来れば狂人の仕事はした様なものなので、

あとはある程度人狼に任せても良いかと思います。

 

 初心者が人狼ジャッジメントで勝つには

 初心者が人狼で勝つには、まずはゲームの流れを知ることです。

ゲームに関して無知である以上、団体戦であるため足を引っ張ってしまいます。

 

玉入れで玉を投げれない人が活躍できないのと同じです。

 

慣れるまでは「初心者部屋」を選択して、練習するとよいでしょう!

 

そして、あらゆる可能性を考えておくということが大事です。

初日に占い師だと思っていた人が3日目占い師ではない動きをしているということもあります。 

 

案外自分の思い込みがあるということを考えて、

最初から考えを改めてみるということを忘れないでください。