脳内ワンダーランド

北の大地から皆さんの脳みそへ!皆さんの脳みそをワクワクさせるようなブログを目指します。

【人狼ジャッジメント】第3陣営はこう戦え!第3陣営の役職説明と立ち回り方!

この記事は第3陣営の役職を説明したり、

第3陣営になった時の立ち回り方などを紹介していく記事です。

 

【人狼ジャッジメント】に関する記事はコチラから!

 

 「市民陣営」での戦い方

www.bobrock06.com

www.bobrock06.com

 

「人狼陣営」での戦い方!

www.bobrock06.com

 

 

f:id:dabesa06:20180328171708p:plain

 

 

 

 

第3陣営

妖狐

第3陣営の代表格。

「市民陣営or人狼陣営」が勝利した際に生き残っていた場合、勝利となる。 

 

人狼に襲撃されても死にはしないが、

「占い師」などに占われてしまうと呪殺されてしまいます。

 

市民陣営にとっても人狼陣営にとっても敵であるため、

正体がバレてしまうと即効で処刑されてしまいます。

 

人狼陣営からは襲撃しても死なないため、

正体がバレることが多い。

 

 

背徳者

 

「妖狐」と「子狐」が誰なのかわかっている第3陣営の役職。

自分自身は特に何も能力を持っていないため、

とにかく場をかき乱すことが必要な役職です。

 

「妖狐」が全滅すると後追いで死んでしまいます。

 

「狂人」と同じようなポジションでいかに

「妖狐」が生き残れるように場を動かすかが重要なポジションです。

 

 

子狐

 第3陣営での占い師の役割を持つ役職。

しかし、「占い師」のように上手い占いではなく、

占いの成功率は50%となっており、

 

  • 人狼
  • 人狼じゃない
  • 占い失敗

 

となってしまうため、占いが完璧に行われるべきとなっています。

 

子狐から「妖狐」が誰なのかわかっており、連携をとることができます。

 また、「占い師」による呪殺が行われないため、生き残っている確率は上がっている。

 

 

ゾンビ

 毎晩誰かに噛み付いて、その人を「感染者」にすることができます。

感染者になった人は自分が感染したことを把握してすることはできません。

 

ゾンビ以外が全て感染者となった場合、

ゾンビ陣営の勝ちとなります。

 

こっそり動きながら最後まで死なないことがコツ

 

 

恋人

第3陣営の中でも最もややこしい役職です。

通常時に付与される役職に加えて付与される役職であるため、

 

  • 恋人兼市民
  • 恋人兼人狼

 

ということもありえる。

 

恋人は二人存在しており、お互い誰が恋人なのかを理解している。

片方が死んだ場合はもう片方も後追いして死んでいく。

 

二人が生きていれば、恋人陣営の勝ちとなります。

いかにして、お互いを生存させるかが目的となります。

 

 

殉教者

自分が何らかの要因で死んだ場合、勝利となる役職。

 

人狼による襲撃でもよし。

処刑でもよし。

(※突然死は含まない)

 

人狼のふりをしたり、市民陣営の重要な役職を騙って、

殺されに行くのもありです。

 

初回の占いの結果で、グレラン(グレーの人をランダムで吊ること)の場合、

名乗り出ることが一番簡単!

 

 

てるてる坊主

 

「殉教者」と似ているがこちらは「市民に処刑」されることが目的。

 

人狼に襲撃されても「勝ち」にはならないため注意が必要です。

 

人狼陣営や第3陣営に思われるように行動する必要がある。

 

 

サンタ

 

みんなが大好きなサンタクロースは

自分以外のプレイヤー全員にプレゼントを配ることができます。

 

全員に配り終えた次の朝、ゲームから離脱します。

ゲーム離脱するとサンタ陣営は勝ちが確定し、どの陣営が勝っても、

勝利となります。

(※最後のプレゼントを配った夜に殺された場合、勝利にならない)

 

 

ぶた男

 

「てるてる坊主」と対になる役職。

つまり、人狼に襲撃されることが目的となります。

 

COしても狙われることはないため、いかに招待がバレずに

襲撃されるかがコツとなります。

 

 

コウモリ男

 

とにかく生存することが目的な役職。

最後までゲームに生き残っていた場合、勝利となった陣営に

加わって自分も勝利となります。

 

生存していれば勝利なため、

市民陣営であろうと人狼陣営であろうと、

自分が生き残るために手段は選ばないようにするのがコツ。

 

タイミングによっては、COしても処刑されずに済むこともあるため、

時にはCOも良いかと思います。